つけものが持つパワーとは

つけものはご飯のお供やお酒のおつまみにぴったりな食品の1つです。つけものといっても様々な種類があり、中でもすぐきや千枚漬けといった京つけものはお中元や御歳暮などの贈り物として多くの方に選ばれています。

つけものはただ美味しいだけではなく、食物繊維やカルシウムといった栄養を多く含んでいます。さらに、美容や健康に役立つパワーも含まれています。それが乳酸菌です。

腸内環境を整える乳酸菌

乳酸菌はブドウ糖や乳糖などを分解して、乳酸を作り出す菌のことを言います。健康乳酸菌は腸の活動を活発にさせるために適度な刺激を腸に与えており、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすといった腸内環境を整える役割を担っています。

2種類ある乳酸菌

乳酸菌といっても動物性と植物性の大きく分けて2種類あります。ヨーグルトやチーズといった乳製品は動物性乳酸菌、漬物は植物性乳酸菌が含まれています。それぞれの異なる点は、動物性は胃酸などに弱く分解されてしまうのに対し、植物性乳酸菌は胃酸などに強いため、分解されずに腸内にまで届くことです。

さらに、アルカリや塩分などにも強く、他の菌とも共存できるなど、植物性は過酷な環境下でも生きていける乳酸菌なのです。種類も動物性の種類は約20種類ほどに対して、植物性はその約10倍の種類があると言われています。

塩で乳酸菌が活性化

乳酸菌の働きを高めてくれるのが、塩の成分であるナトリウムです。つけものには植物性乳酸菌が含まれているだけではなく、作る際に塩が使われているので、塩と乳酸菌を同時に摂取することができるのです。

京つけもの もづめでは、素材にこだわった手作りの京つけものを通販にて提供しております。千枚漬や赤しば漬、白菜漬など種類多く取り扱っており、全て素材の持ち味を生かした京つけものとなっています。時期によって野菜の品種や風味が異なりますので、こだわりの季節の味を堪能しませんか。常に最良な状態でお届けいたしますので、ぜひご家庭でご賞味ください。