つけものに含まれる栄養素

つけものは、ご飯のお供として日本人の多くに愛されています。つけものは、人間が健やかに生きていく上で摂取するべき成分を豊富に含んだ大変優れた食品です。

ビタミン

野菜に含まれるビタミンには、熱に強い物と弱いものがあります。熱に強いのは、ビタミンA、Eなどで、熱に弱いのは、ビタミンC、B1などです。つけものは、野菜を加熱せずに、調味料に漬け込んでいるため、熱に弱いビタミンが分解されにくく、より多くのビタミンを摂取することができます。

ビタミンCには、肌にハリを与える、皮脂の過剰分泌を抑える、コラーゲン生成を促進するなど、肌をより良い状態に保つ働きがあります。メラニン色素の合成を抑える働きもあるため、色素沈着を起こしたニキビ跡のケアにも役立ちます。

つけものは、加熱によるビタミンの分解がないことに加え、乳酸菌発酵によってビタミンB1、B6、B12などの成分が蓄積されています。これらの成分も美容に関する働きがあるため、美容を気にする方に最適な食品だと言えます。

食物繊維

食物繊維は、野菜全般に含まれています。腸内の掃除役で、便通を良くするなど、良い腸内環境を維持するのに働きます。腸内環境が整うと、吹き出物が出にくくなるなど、美容面でも嬉しい効果を期待することができます。特に、つけものは漬け込むことにより材料が圧縮されるため、生野菜で食べるよりも多くの食物繊維をとることができます。食の欧米化によって、現代人は食物繊維が不足しがちだと言われているため、つけものを食べることは食生活の改善にも繋がります。

ミネラル類

つけものには、カルシウム、カリウムなどのミネラルが含まれています。カルシウムは、人間の体と深く関わっており、血液や神経、筋肉などには、カルシウムイオンの形で存在しています。つけものは、生命の維持に関わるカルシウムを手軽に補給できる食品なのです。

カリウムは細胞内に入り、過剰なナトリウムを体外に排出する働きをします。体内にナトリウムが過剰にあると、ナトリウムを排出するために体が反応し、腎臓や心臓などの臓器に負担がかかるだけでなく、高血圧症や腎臓疾患、不整脈などのリスクが高まります。カリウムを補給できるつけものは、食塩の過剰摂取に伴う体への負担を和らげ、健康維持に役立ちます。

健康、美容に役立つ栄養が豊富に含まれたつけものを食卓に取り入れてみませんか。京つけもの もづめでは、京つけものを通販しています。素材の持ち味を生かすことにこだわり手作りしておりますので、お中元や御歳暮などの贈答品としてもおすすめです。季節の味を感じられる京つけものを販売していますので、旬の野菜を使ったつけものをお求めの方は、ぜひ京つけもの もづめをご利用ください。